講習 DESINER’S LIVE by Rougy 上原@新潟

月曜はうちの代表清野とBellclip武彦くんと3人で新潟へ講習を受けてきました!

美容業界では著名な東京のサロンRougy 上原さんの講習。  

だいたい講習というとモデルさんも東京から同伴という感じが多いのですが、ハプニング?もあり、急遽今回は、当日の会場からモデルさんを募集してという超リアルサロンワーク形式!

よりリアルなテクニックがみれますから個人的に仕込みなしの方がめちゃくちゃ勉強になります♪

 

シンプルでありながらハイクオリティ。コームの入れ方、ヘアのフォルム、ニュアンスの一つ一つにこだわりを持ち、追求された技術は独自の感性と重なり、オリジナリティを感じるヘアスタイルに仕上がっていきます!

それが造られるのを真近でみることで、自分の目と肌で感じられました。 

 上原さんが今回の講習の始めの頃に、

「数年やってきてやっとカットがわかってきた」って言葉の重み。

「仕上がり(ゴール)のイメージがないのに闇雲にカットしてもよいスタイル、デザインは造れない」

それ以外にもグッとくる言葉がたくさん。

  

 一瞬一瞬の微妙な手や指の動き、目の行き先を見逃さないように食い入るように真近でみつつ、終始惹きつけられ、あっという間に過ぎた講習時間。

講習というものは技術的なテクニックを学んだりする内容ってのが多い。

けれど上原さんのような結果を出し、業界の第一線で活躍されてる方の技術ってのはシンプルだけど、見に行ったり、体験しないとわからない深いものがあります。

インターネットや本などから簡単に技術を学ぶことができちゃう今の時代。

流行りのカラーの色味ややり方、アレンジなんかも簡単にできちゃうし、下手したらカットのやり方すら簡単にできるように思えるしできると勘違いしちゃう。

でも、時代を造ってる人やリードしてる人ってのは常にいろいろなところにアンテナをはって新しい風を感じ、吹かせているし、その独自のセンスと感度がないとだせない雰囲気というもの醸し出してると思うんです。

それを実際に真近でみて見ないと感じれないって最近すごく思うから最近気になる講習には行きたいと思ってるし、見るようにしています。

感性やセンスって自分で感じ考えて磨かないと光らないし、身につかないから
上手くなるため、またセンスを磨くためには、シンプルに

観察する

実際に自分でやる(感じる)

を繰り返し継続して追求することでしかないかなと⁉︎

これからの時代、センスやオリジナリティーはすごく大切だと思ってるし、そういう意味でもヒントをいただけた講習でした☆

 『カットモデル募集中』

福島市美容室SLAP 福島県福島市新町3-20
TEL:024-524-2119
SLAP 美容師 丹治 善和

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中