カラー

美容師にとって技術力はかかせないものではあるけど、それと同じくらい大切なものが視覚力。

カラーは感覚とは違い、目から得た明るさや色味をデータとして記憶し、お客様一人一人に似合う色味をデータをもとに配合して提案しています。

今回はとあるメーカーさんのカラー剤をチェック。

うちのアシスタントに協力してもらって 

 今回は約40色ぐらいを毛束染めをしてもらいました。

カラーが上手いか下手かはどれだけ色味を知ってるかがひとつのポイント。 

そして、カラー表現に大事なことは色味を理解し、それを表現できること。

仕上がりの色味をイメージし、ベースとなるお客様の髪質の特徴を理解し、重ねる色味をセレクトするシンプルな工程がヘアカラーなのですが、そのために自分達が求める色味に近いカラー剤であるかは地道にこうして色味をチェックすることが大切です。

以外にカラーチャート(お客様がカラーする時にお客様に見せてもらう毛束表)だけで、カラーの色味を知ってる気になってる美容師さんも多く、こういう実際に染めてデータをとることでしか理解できない色の特徴がたくさんあるんですよ!

ちょっとしたサロンのお勉強ネタでした☆

 『カットモデル募集中』

福島市美容室SLAP 福島県福島市新町3-20
TEL:024-524-2119
SLAP 美容師 丹治 善和

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中