休日と哲学

休日は桜づつみ公園にて、のんびりと読書!

昨年あたりから休日は公園で読書をしたりと徹底的にオフタイムは時間を捨てるような過ごし方をし、オンとオフの有意義な過ごすことができてます! もう、ホノルルのビーチが恋しい(笑)

それで、個人的に今はインプットの期間。

最近、やっと読み終えた『あなたを変える七日間の哲学教室』 

 

この本の中で、記憶に残る一文。

文中に

有名な哲学者アリストテレスの言った

  • どんな人間も哲学をしなくてはならない。そうでないと『内存的な善』と『手段的な善』を区別して生きることができないからだ。

  • 価値ある目的を達成する手段となる「いいもの」を『手段的な善』と呼び、それ自体に価値ある「いいもの」を『内存的な善』と表す。

また、

  • 哲学とは言葉の意味を研究する学問だという考え。哲学が追求するのは、ものごとの本質、ものごとの必然性、いわゆる分析的真実であり、それを言い表す言葉、概念。

ともありました。

昨年あたりからとても興味をもってる学問が『哲学』です。

海外での教育では、「哲学」は必須科目な国も多く、日本では馴染みがあまりない学問。

近年、インターネットの普及により、様々な情報が大量に手に入るようになりました。

しかし、情報過多になり、情報を手に入れる側が情報を自分で選ぶことができず、情報の真意とは違う形で伝わり、情報に踊らされてる時代になりつつもあるのではないかと思っています。

グローバル化により、今までの価値観が通じず、過去の価値観や世間がよいとする風潮に無意識のうちに流されてしまってる人も多いのではないのかと⁉︎

新時代に適応し、イノベーションして行くためにはブレない価値観をみつけることが必然だと思うし、今、『哲学的思考』を身につけたいと思ってます。

現代でいえば、若者世代をゆとり・さとり世代と表し、ネガティブなイメージをもたれる方も今は多いのではないかと⁉︎

しかし、この数年、僕の周りの様々なお客様や後輩に接して思うことは、自分よりあきらかにハイスペックで、優秀かつ勤勉家が多いと思う!

だけど感じることは、

自分自身の体験、考えによる哲学的思考がとぼしく、

純粋であるがために疑うことが無く、世の中の道徳心を受け入れすぎると感じます

  • 「哲学」…宇宙・人生・事物の根本原理を探究する学問。
  • 「道徳」…秩序ある社会生活を行うために,人それぞれが守るべき規範。

(プログレッシブ国語辞典)

僕なりの見解で簡単に言えば、

世の中、自分の周りで善いとされた物や事に疑いなく善いと思う気持ちが道徳心、

自分自身によって考え、思う善い物が哲学的思考

また、例でいえば、

「人にやさしく」ということを考えた場合、

世の中では、相手が喜ぶこと、幸せになることをしてあげる行為が善いという道徳心に対して、

相手が嫌がること、厳しくしたりすることも結果的に相手が幸せになれるのであれば、やさしさがない行為も善いという考えが哲学的思考ではないかと思います。

そういう当たり前とされることでさえ、日々、

自分自身の脳を使い、

聞き、

考え、

自分の言葉で話す

ことで、

自分自身の哲学になり、

今の社会において、自分にとって価値あるものを見分ける力がつき、オリジナリティができるのではないかと思います。

最後に、日本において難しく考えられる『哲学』だけど、より簡単に哲学とは何かについて知れ、素晴らしさを感じ、また必要性を感じることができると思うドキュメンタリー映画があるので、予告編のリンクを貼っておきます。

映画『ちいさな哲学者たち』予告編

視聴して興味がある方は、レンタルビデオ店では取扱ってる所が少ないのでiTunes等でレンタルしてみてください。

 『カットモデル募集中』

福島市美容室SLAP 福島県福島市新町3-20
TEL:024-524-2119
SLAP 美容師 丹治 善和

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中