九州旅行 最終日

九州旅行3日目の続き。

午前中からまた博多の街並みを観察しつつ、





ラーメンの食べ歩き。





とんこつラーメン一杯にも、それぞれのお店の絶妙な美味さの違いを感じます。



やっぱり、何処のラーメン屋さんのとんこつラーメンを食べてもすごくクリーミィな味。

これはたぶん本場にしかだせない味なんでしょうね…。

それから博多駅の方へ移動し、



思い出にみどりの窓口にてSUGOCAを作ってみました(笑)



天神、大名、中洲、博多駅周辺、それぞれ雰囲気が違う空気感があります。

どの地区もだいたい徒歩10分以内で移動できる距離感で、あれだけ凝縮されてるとやっぱりオシャレな街。

東京を凝縮したような街だからこそ、全国から注目を浴びるパワーがあるのだと感じた福岡!

なぜ、メディア等が注目するのか、実際に行くことで、少しわかった気がします。

そして、夕方の便で東北へ。



今回の旅で、自分がどんな人間で、自分がこれから何を突き詰めていくべきなのか⁉︎

そして、今後の人生でやりたい事、やるべき事のような⁉︎ものがみえた気がします。

日常から離れ、直感を頼りに旅先で過ごす事により、過去の体験による自己分析からくる先入観、インターネットが当たり前になった世の中で、無意識のうちに情報にいかに流されているか、当たり前と思い込んでいる価値観etc…が、実際はどうなのか⁇

どれが正解というものは、たぶんなく、自分で考え、行動し、五感で体験した事でしか自分の本当の知識にはならないし、わからないことがたくさんある!

そして、それを実体験し、感じ考えなければ自分にとってより良い選択ができないのでないかと⁉︎

改めて、自分がしたい事が明確になった気がします。

美容師視点としていえば、

福岡ってファッションや美容で結構注目を今浴びてるスポットで、噂通りオシャレだったし、可愛い子というより、綺麗な子が多い気がした。

でも、だからこそなぜか感じた違和感。

同じ日本なのに自分が住んでる東北とも情報の中心地である東京とも違う個々の地域によってしかだせない魅力。

そこでハッとした。

九州という東北人があまりいない場所で改めて思う、東北人の可愛さや個性。

これだけ情報がリアルタイムに溢れてるのに、どんなにオシャレな街でも出すことも表現することできない東北独自のオシャレがあること!

もちろん、なにもないと思われてる福島にも。

極端にいえば、外国と日本のオシャレの違いみたいな!

ファッションはパリ、ミラノ、ニューヨーク、日本を、中心にトレンドが始まっているけど、世界中で広まるトレンド感やセレクトされるものが微妙に違う。 

それはたぶん、歴史背景や文化、気候によっても違いがでてるのではないかと⁉︎

それは小さな日本という国にも、地域によって存在するのではないのかと?

東北にいなければ感じることも、表現することもできない東北らしい、または福島らしい美容やファッション!

Made in Japan

 改め、よりコアな

Made in Tohoku☆

Made in Fukushima☆

東北の美容師として、その東北らしさってのを追求し、今後、表現できていけたらというか、表現していきたい!

それが、今回の旅へ出ることによって気づき、これから自分の目指す道でもあります。

「世界は1冊の本だ。旅をしない人々は本を1ページしか読んでいないのと一緒だ」-アウグスティヌス

そう感じた価値ある九州旅行でした♪

 『カットモデル募集中』

福島市美容室SLAP 福島県福島市新町3-20
TEL:024-524-2119
SLAP 美容師 丹治 善和

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中