背中で語る

日曜日は営業後にSDP2014秋の撮影第一弾!
SDP2014秋ミーティングの様子はリンク先へ。

先週のトレンドミーティングからの流れでSLAPおすすめの打ち出しが、9月上旬まで撮影ラッシュが続きます。
SLAPという美容室では、サロンワークと同じくらいかかせない撮影!
で、SLAPがなぜに撮影をするかって、自分達にとって必須なことなので、あまり外部へ向けて語られてないけど、単純に美容室の商品はお客様へ提供させていただいているヘアスタイルなわけで、それをまず打ち出さずになにを売るのか?っという意味もあります。
それ以外に撮影を通してしか見れない、感じれないものが多々あるわけでして。
僕自身、撮影からかなり学ぶものがあります。
自分の現状、スキル、マインド、成長、etcをリアルに感じ、撮影後に自信を持てる時、発見もあれば、その逆に凹むことも…。

うちの企業理念の『進化し続けること』
撮影という形でもそれをSLAPオープン当初から続けてるオーナーの鈴木と清野。

20140825-014353-6233423.jpg
今ではサロンワーク中、忙しくてなかなかそろって共同作業することがないからあまりみれないレアショット!
今日はなぜか2人ともお揃いの黒T&デニムスタイル(笑)
僕がSLAPで一緒に働きはじめてから、約3年ぐらいだけど、他のサロンで働いてた時もオーナー2人とは交流があり、その姿勢や想いはリスペクトしてました。
今はその2人が自分の上司になり、時折、こうして背中で語ります。

日々の積み重ねから毎日少しでも成長できてる?
時間が止まった古い美容師にならないように新しいことにチャレンジしてる?
美容師とは?
美容の楽しさとは?
自分のこだわりとは?
etc

20140825-012140-4900219.jpg
形や立場が変わっても下に語る上の姿勢。

上に立つということは偉くなることや年数を重ねること、役職につくことではない。

自分自身が先導者であり、模範生でもあるべき。
自らが率先して下の子達に、行動を見せ、感じてもらい、刺激を与え、気づかせられているか?

こういうワンシーンからも感じられる。
言葉では伝わらない想い。

この2人のように、僕自身、自分しかできないこと、見せてあげられないことを背中でも語れるように。

そして、担当させていただいてるお客様へは前回より今回が最高のヘアスタイルを提供できるように。

SLAPのマインド
『進化し続けること』
こうした様々な形を通して真髄が受け継がれていくのかな⁉︎

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中