2014 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございますニコニコ
正月はのんびりと過ごすことができ、いろいろ意味でリフレッシュできましたチョキ
今年も今年の干支『午(馬)』にからめて目標設定していきたいと思いますグッド!

photo:04

まず、干支の由来から
『午』…
「午」は「忤」(ご:「つきあたる」「さからう」の意味)で、草木の成長が極限を過ぎ、衰えの兆しを見せ始めた状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の馬が割り当てられた。
~wikipediaより~
非常に絡ませずらいですね…(笑)ガーン
しかし、無理やり絡めまして、「忤」(ご:「つきあたる」「さからう」の意味)から個人的にはプライベートでも仕事でもやると決めた事はつきつめる、またここ数年、あえて成功方や鉄板な物を追い求めていた気がするのであえてアンチな逆の方向を目指してみようかとひらめき電球
普通や当たり前の事を違う角度からみることによって発見することや知ることによって幅を広げていきたいと思いますグー
だいぶ抽象的ですが、意外に後で役に立つはずですパー
昨年は目標も干支に絡めて100%達成しましたしにひひ
また、縁起物に絡めて「ひだりうま」効果を狙おうかと音譜

photo:05

『左馬』とは
大勢の人、よろずの福を引き連れてやってくる百福万来の神馬なり。
左馬は「馬」の字が逆さに書いてあります。「うま」を逆から読むと「まう」と読めます。「まう」という音は、昔からめでたい席で踊られる「舞い」を思い起こさせるため、「左馬」は福を招く縁起のよい駒とされています。
「馬」の字の下の部分が財布のきんちゃくの形に似ています。きんちゃくは口がよく締まって入れたお金が逃げていかないため、古来から富のシンボルとされています。
馬は人がひいていくものですが、その馬が逆になっているため、普通とは逆に馬が人をひいてくる(=招き入れる)ということから商売繁盛に繋がるとされています。
馬は左側から乗るもので、右側から乗ると落ちてしまいます。そのようなことから、左馬を持つ人は競馬に強いといわれています。
~天童市情報より~
僕は左利きなので、「左利きの人の馬の年」を約して「左馬の年」ということに無理やりしまして、自分に関わる人、事をサポートし、自分が左馬になろうと思いますチョキ
それ以外にも今年は昨年末からお客様にも話していますが、自分の居心地のいい空間や事に興味をもっていきたいと思います流れ星
さて、明日からまた2014年を降り返った時によい反省をできるように頑張ってまいります音譜

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中